河端朋之&脇本雄太が表彰台/男子ケイリン・2019ジャパントラックカップⅠ

河端朋之 準決勝 / 男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

8月23日に開催された『2019ジャパントラックカップⅠ』男子ケイリンは河端朋之が優勝、2位に脇本雄太、3位にジャイ・アングスタサウイットとなった。表彰台独占とはならなかったものの「決勝戦進出の6人中4人が日本人」という、日本人にとって”アツイ”レースとなった。

勝ち上がり

1回戦→敗者復活戦→準決勝→決勝

1回戦・敗者復活戦

1回戦の結果は以下の通り。各組の上位2人が準決勝へ、3着以下は敗者復活戦回りとなった。

Heat1

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

ジャック・カーリン、ネイサン・ハート、新田祐大、小原佑太

Heat11ジャック・カーリンGBR
2新田祐大JPN
3小原佑太JPN
4ネイサン・ハートAUS
5フィリップ・ヒンデスGBR
6バシリウス・レンデルLTU
7デニス・ドミトリエフRUS

Heat2

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

Heat21脇本雄太JPN
2深谷知広JPN
3テオ・ボスNED
4シェーン・パーキンスRUS
5ウォラユット・カプーニャTHA
6高橋晋也JPN
7新山響平JPN

Heat2ではウォラユット・カプーニャ、高橋晋也、新山響平3名の絡むクラッシュがあり、カプーニャ以下3名はDNF。

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

ウォラユット・カプーニャ、高橋晋也、新山響平

Heat31マシュー・グレーツァーAUS
2ジャイ・アングスタサウィットTHA
3吉元大生JPN
4スバジュナス・ジョナウスカLTU
5雨谷一樹JPN
6ルウォ・ズージュンHKG

Heat4

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

Heat41河端朋之JPN
2ジョセフ・トルーマンGBR
3オ・ジェソクKOR
4松井宏佑JPN
5堀航輝JPN
6キム・チェンスKOR

敗者復活戦

各組1着のみが準決勝へ進出する敗者復活戦では、以下のメンバーが準決勝へ進出を決めた。

松井宏佑
テオ・ボス
キム・チェンス
ネイサン・ハート

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

テオ・ボス

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

ネイサン・ハート

準決勝

準決勝の結果は以下。各組3着までが決勝に進出し、4着以下は7~12位決定戦回りへ。

Heat1

河端朋之 準決勝 / 男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

Heat11河端朋之
2ジャイ・アングスタサウィット
3松井宏佑
4ジャック・カーリン
5深谷知広
6ネイサン・ハート

Heat2

脇本雄太 男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

Heat21脇本雄太
2マシュー・グレーツァー
3新田祐大
4ジョセフ・トルーマン
5テオ・ボス
6キム・チェンス

7~12位決定戦

7~12位決定戦に出走したのはジャック・カーリン、ジョセフ・トルーマン、深谷知広、テオ・ボス、ネイサン・ハート、キム・チェンスの6人。キム、ボス、カーリン、深谷、トルーマン、ハートの順で隊列を組んで進む。

ペーサーが離脱し、まず先頭のキムが隊列を離脱する。替わりにボスが先頭へ。その後ろで動き出したのはトルーマン。

残り2周のタイミングでトルーマンが先頭まで上がってくると、カーリンと共にイギリス人選手が先頭を固める。トルーマンが先頭で残り1周へ。

最終4コーナーで2番手に付けていたカーリンがトルーマンに並びかけ、勝負は最後のストレートへ。レースを制したのはカーリン、2着に後方から上がってきていたボス、3着にトルーマンとなった。

決勝

TAGS

Related Articles