新田、脇本、河端ら日本代表ドキュメンタリー高画質で放送!…4K放送を観る方法とは?

パラボラアンテナでの受信方法

パラボラアンテナでの受信方法

現在市販のテレビでBS放送を視聴している場合、ほとんどの場合は4K対応のテレビやチューナーを購入することで見られるようになる。

パラボラアンテナでの受信の場合は、対応テレビとチューナー(あるいはチューナー内蔵テレビ)が必要。

また、NHK BS8Kも合わせて見られるようにしたい場合、市販の8Kテレビ・8Kチューナーの購入に加え、4K・8K放送対応アンテナへの交換や、テレビ受信設定の工事が必要となる。必要となる工事は規模や築年数によって様々なので、まずはNHKにお問い合わせを。

ケーブルテレビでの受信方法

ケーブルテレビでの受信方法

現在ケーブルテレビでBS放送を見ている場合、ご加入のケーブルテレビによっては、ケーブルテレビを通じてBS4Kも視聴できる場合がある。

ケーブルテレビでの4K/8K放送の伝送方法は2つあり、事業者ごとに異なっている。

・HFC方式
・FTTH方式

HFC方式の場合

ケーブルテレビ専用のSTBを使っての視聴方式。

「4K対応テレビ」と「4KSTB」が必要。「4KSTB」があれば「4Kチューナー」は必要ないので、「4K対応テレビ」のみでよい。もちろん内蔵型の4Kテレビでも見られるが、チューナー機能は持ち腐れになってしまう。

(※STB…セットトップボックス。サービス提供者からのレンタルや販売が多い。4Kに対応したSTBを提供してもらうなどの申し込みが必要かと思われる)

なお、当面の間は視聴できるのはNHK BS4Kのみで、BS8Kについては未定のようだ。

FTTH方式の場合

市販の衛星放送対応のテレビやチューナーを使っての視聴方式。

「4K対応テレビ + 4Kチューナー」、あるいはチューナー内蔵型の「4Kテレビ」が必要。なお、FTTH方式の場合はNHK BS4KだけでなくBS8Kも見られる。8Kも見たいという場合は8K対応のテレビ・チューナーを用意しよう。

参考・画像出典:NHK受信方法

なお、いずれもケーブルテレビによっては対応していない場合や、必要な受信機が異なる場合もある。詳しくはご加入のケーブルテレビにお問い合わせを。

これで明日(7月7日)の放送も見・・・・・るには間に合わないかもしれないが、これを機にオリンピックに向けて4K対応も検討してみてはいかがだろうか。

出演者情報

TAGS