優勝確信も手を抜かず、キルステン・ウィルトがオムニアム圧倒/第2回ヨーロピアンゲームス・中長距離ダイジェスト

男子オムニアム

男子オムニアムにおいては2019世界選手権ポイントーレス王者、オランダのヤンウィリアム・ファンシップが2位テリー・シルへ34ポイント差をつけ、優勝。マディソン銀メダルと併せ、今大会2つ目のメダルを獲得した。

総合結果

ポイント
1オランダヤンウィリアム・ファンシップ178
2スイステリー・シル144
3ポーランドダニエル・スタニスジェフスキ126

金メダルはオランダのファンシップ。

女子オムニアム

女子オムニアムにおいてもオランダ選手の強さが際立った。2019世界選手権オムニアムとマディソンで2つのレインボージャージを獲得しているウィルト。このヨーロピアンゲームスにおいてもスクラッチとオムニアムで2つの金、マディソンで銀メダルを獲得した。

総合結果

ポイント
1オランダキルステン・ウィルト150
2ロシアエフジェニア・アウグスティナス123
3イタリアエリサ・バルサモ120

ウィルト「ポイントレースは守りに徹する展開かと思いきや・・・」

(ポイントレースについて)守りに徹したレースになると思っていました。その場合、すぐ後ろにいたイギリスの選手(ジェシカ・ロバーツ)とイタリアの選手(エリサ・バルサモ)とのスプリント勝負になるとも思っていましたが、まだ距離がありましたね。

優勝を確信したら、そこから手を抜く事もできます。しかし今回のレース目標は、結果よりも過程を重視していたので、最後まで走り切りました。

2019年ミンスクヨーロッパ競技大会(公式サイト)

自転車トラック競技リザルトページ

オランダ勢がほぼ全種目でメダル獲得、ドミトリエフやグロら短期登録選手もメダリストに/第2回ヨーロピアンゲームス・短距離ダイジェスト

TAGS