優勝確信も手を抜かず、キルステン・ウィルトがオムニアム圧倒/第2回ヨーロピアンゲームス・中長距離ダイジェスト

Kirsten Wild

ヨーロッパオリンピック委員会が主催するヨーロッパ競技大会(通称:ユーロリンピック)。

オリンピック同様4年毎に開催される大会であり、第2回目の大会は2019-2020トラックワールドカップ第1戦が行われる予定のベラルーシ・ミンスクで開催された。現地時間6月27日から4日間に渡り開催されたトラック競技、中長距離種目をダイジェストでお届けする。

男子チームパシュート

1ロシアグレブ・シリーチャ
ニキータ・ベルセネフ
レフ・ゴノフ
イワン・スミノフ
2イタリアフランチェスコ・ラモン
カルロベルト・ジョルダーニ
ダビデ・プレバーニ
リアム・ベルタッツォ
ステファノ・モロ(予選、1回戦)
3スイステリー・シル
ロビン・フロイドヴォー
ルーカス・リューグ
クラウディオ・インホフ
ニコ・セレナティ(予選)

2000年生まれのグレブ・シリーチャ、ニキータ・ベルセネフ、レフ・ゴノフ、1999年生まれイワン・スミノフという若々しいメンバーで構成されたロシアチームが金メダルを獲得した。

優勝ロシアチーム「これからも頑張り続けなくちゃ」

スミノフ:
僕らにとって、とてもポジティブな勝利だよ。ベラルーシのバンクで優勝するのは初めてだからね。母国でするレースとは異なり、とても難しかったよ。でも肉体的に鍛え上げる事が、慣れないバンクで戦う為には重要なこと。一歩前進だね。これからも頑張り続けなくちゃ。
今回の優勝で満足せず、ワールドカップや世界選手権を見据えてやっていかないと。

ベルセネフ:
(決勝イタリアとの対戦では)朝のヒートで彼らは良いタイムを出していた。だから僕らは、これは厳しい戦いになるぞ、と思っていたよ。

女子チームパシュート

MINSK, BELARUS - JUNE 27: Josie Isobel Knight, Jennifer Anne Holl, Megan Elizabeth Barker and Jessica Anne Roberts of Great Britain or Team GB compete in the Women's Team Pursuit Qualifying / Qualifications during Day 7 of the 2nd European Games at the Minsk Arena Velodrome on June 27, 2019 in Minsk, Belarus. (Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images

1イタリアエリサ・バルサモ
マルティナ・アルティーニ
マルタ・カヴァリ
レティシア・パターノスター
2イギリスジェシカ・ロバーツ
メーガン・バーカー
ジェニー・ホール
ジョシー・ナイト
3ポーランドカタジィナ・パヴロウォヴスカ
ユスティナ・カチコウスカ
カロリーナ・カラシェビチ
ニコル・プロサイ

金メダルを獲ったイタリアチームのエリサ・バルサモはオムニアムで銅メダル、マルタ・カヴァリは個人パシュートで銀メダルを獲得している。

優勝イタリアチーム「未来に向けて結果を残せた」

カヴァリ:
スタートから速すぎたのでリズムを整えるのに苦戦しました。イギリスが後ろから近づいていましたが、そこからゴールまで良いスピードを維持して優勝できました。
全員がU23というこのメンバーでこの結果を出す事が重要だったので、未来に向けて良い結果を残せて満足しています。

冬の間はハードなトレーニングを重ね、メンバー同士で絆を高めていきました。ロードレースがメインのメンバーもいたので、2週間前からの準備は各自で行ないましたが、本番でも上手く走れました。

マディソン

TAGS

Related Articles