ルーキー大金星、松井宏佑が初の国際大会で優勝/男子ケイリン・モスクワGP2019

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

ロシア・モスクワで『GRAND PRIX OF MOSCOW 2019(モスクワGP2019)』の大会2日目が現地6月2日に行われ、男子ケイリン決勝で松井宏佑が1着。代表入り直後、自身初の国際大会出場で初の優勝と「初」づくしのルーキーが世界へ名を轟かせた。

ワールドカップ級の決勝メンバー

男子ケイリン決勝へ進出したメンバーは以下の通り。

新田祐大
脇本雄太
松井宏佑
ヨアヒム・アイラース(ドイツ)
セバスチャン・ビジエ(フランス)
シェーン・パーキンス(ロシア)

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

松井宏佑

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

脇本雄太

スタートが切られると、並びは松井→パーキンス→新田→アイラース→ビジエ→脇本の順番で隊列が組まれる。

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

1周を過ぎるとビジエが離れて最後尾へと下がるが、その後はペーサーが退避する残り2周半までスピードを上げながら選手たちが静かに走っていく。

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

残り2周となるところでアイラースが外から上がり、集団のスピードがさらに加速。

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

アイラースが先頭となり残り1周半。松井は2番手、新田は4番手、脇本は先頭からの距離を大きく開いての最後尾となり最後の1周へ。

ラスト1周

TAGS