6走もした脇本が鉄人ぶりを発揮しシーズン初戦を制す/男子ケイリン・トゥーラGP2019

脇本雄太選手インタビュー

Men Keirin Final / GRAND PRIX OF TULA 2019

Q:全部で6回走りましたが、疲れましたか?

タフな一日でした。序盤は気持ちが落ち着き過ぎていて、気持ちの入れ直しにちょっと時間が掛かったという感じです。2回戦辺りから試行錯誤はしていたのですが、準決勝から気持ちと身体がようやく噛み合いました。

Men Keirin 1st Round / GRAND PRIX OF TULA 2019

Q:決勝では早い段階で隊列を離れ、位置を変えていたのは何故ですか?

自分が不得意だと思っている並びの一番前か一番後ろで走ってみるという課題を持ってやっていました。

Q:勝利を確信した瞬間はありますか?

最終周回に入る時には自信を持って走れていたので、確信はありました。

Men Keirin Final / GRAND PRIX OF TULA 2019

地元のジュニア選手に記念撮影を求められる脇本

Q:明日はスプリントへ出場しますが、どの様なレースを?

自分の中で持っている課題を一個一個クリアしていく必要ありますので、結果云々よりも次に繋げられるレースをしたいです。

松井宏佑選手 一言:

目標としていた決勝には進めることが出来て良かったです。ただ、脇本選手が隊列を離脱したところで混乱してしまいました。まだ経験が足りないということだと思います。

Photo Gallery 1/2

TAGS