2019年5月9日、日本競輪選手養成所(旧:日本競輪学校)の入所式が行われ、男子の第117回生72名、女子の第118回生21名の選手候補生が出席。平昌五輪モーグル銅メダリスト原大智が117回生として入所し、多くの報道陣が集まった。入所式後に行われた会見では「モーグルは続けたいが、まずは競輪のプロ選手になる事が目標」と決意を語った。

関連記事:「世界へ通用する選手を育成」日本競輪学校が『日本競輪選手養成所(JIK)』へ 名称変更、教育制度を改正

日本競輪選手養成所 入所式

117回生(男子)

日本競輪選手養成所 入所式

祝辞を述べる滝澤正光 所長

日本競輪選手養成所 入所式

ナショナルチームのべトゥヘッドコーチ、ニブレットアシスタントコーチ両氏も出席

競輪選手にならなければ人生が切り開けない