競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

【2/5】競争激化のアワーレコード/平成トラック史を振り返る

2019/04/30

2000年UCIによる大きな改正

アワーレコードの為に無法地帯状態だったフレームやフォームも、2000年10月に制定されたUCIルールで奇抜で極端に空気抵抗の少ない形状のフレームやポジションでの乗車は規則違反となった。

これによりオブリーやボードマンらの挑戦は「UCIベストヒューマンエフォート」として改名。1972年にいわゆる普通の競技用の”自転車”(スタンダードな形状のフレームとホイール)で挑戦したメルクスの記録が公式記録となったが、UCIルール改正後の同年に新ルールに沿った形で再び挑戦したボードマンが49.441kmで世界記録更新。

2014年プロロード選手達による世界記録への挑戦

2014年5月に再びUCIルール改定。2000年に制定されたUCIルールより機材の規定も緩和され、選手が挑戦し易くなった事から(それでもフレーム形状などはUCIルールに沿った物のみ)プロロード界から挑戦者が次々に挑戦を宣言。2019年現在でも選手/ファンの間で盛り上がりが加速している。

アワーレコード

photo UCI Track Cycling twitter

2014年以降の現在の世界記録保持者はビクター・カンペナールツ(ベルギー)の55.089km。2019年4月17日に記録が更新された。

ロット・スーダルのカンペナールツ、アワーレコード55.089kmで世界記録歴史を更新

参考: UCI, Velonews

アワーレコードの未来

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。