【女子・中長距離】勝率100%のウィルト無双が今年も!?日本女子が立ち向かう/UCIトラック世界選手権2019注目選手

Women's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Kirsten Wild (NED)

王者の証アルカンシェル&金メダルは誰の手に 女子中距離編

2月27日〜3月3日にポーランド・プルシュクフにて開催している『世界選手権トラック2019』では、世界一の証・アルカンシェルをかけた戦いが行われる。

現在のUCIランキングやトラックワールドカップ、各大陸選手権など、直近の大会での成績を元に今大会の注目国や注目選手を種目別にピックアップしていく。この記事では女子中長距離編をお送りする。

ロイヤルトレインを崩すのは… 女子チームパシュート

UECトラックヨーロッパ選手権2018・女子チームパシュート

ワールドカップで圧倒的な力を誇る今シーズン絶好調のイギリス。そして世界選手権3連覇中であるアメリカ。あるいは、ほぼ毎戦表彰台に乗るイタリアか。

優勝候補は無論イギリスだが銀メダル争いはかなりの接戦になる事が大きく予想できる。

とにかく強すぎ!!!イギリス


UCIランキング首位、2018年女子チームパシュート欧州チャンピオンでもあり、ローラ・ケニーケイティ・アーチボルドといった強力な布陣を擁するイギリス。その美しい隊列と圧倒的な強さで幾度と無くメダルを勝ち取ってきた強豪国。鉄壁とも言える牙城は崩されるのか。

世界3連覇超特急、アメリカ

女子チームパシュート・アメリカ現在世界選手権女子チームパシュート3連覇中のアメリカ。大黒柱のクロエ・ダイガードが今回はエントリーしていないが、ジェニファー・バレンテ擁するアメリカは、活気づいているイギリスを破る有力候補だろう。

アジア最速列車、韓国

Women's Elite Team Pursuit / Asian Championships Track 2019 Jakarta
そして、アジア注目の韓国。先月行なわれたアジア選手権トラック2019女子チームパシュートにて優勝したアジアの最速国が世界を相手にどこまで戦えるのか必見だ。

日本チームは?

Women's Elite Team Pursuit Final / Asian Championships Track 2019 Jakarta

その韓国が優勝したアジア選手権で、銀メダルを獲得したのは日本チーム。アジア2位にはなったが、韓国に追い抜かれフィニッシュラインを迎えずに終わっている。直近のトラックワールドカップ第6戦では予選敗退。その前の第5戦では6位。世界と戦うにはまだまだ厳しいのが実情だが、今後のステップアップのためにも全力で挑む姿を期待したい。

その他の注目国

女子チームパシュート・イタリア

その他の注目国としては現在UCIランキング2、3位に並ぶイタリアとニュージーランド、毎度表彰台争いに加わるカナダやオーストラリア など、ワールドカップ表彰台常連/優勝経験のある国がメダル獲得有力国として挙げられるだろう。

女王同士の対決 オムニアム

TAGS