UCIクロニクル・トラックワールドカップ第5戦ニュージーランド&6戦香港

第6戦 2019年1月25〜27日 香港

3大陸6戦で開催されたワールドカップは、1月25~27日に開催された香港大会にて閉幕した。

香港Tseung Kwan Oに位置する香港ヴェロドロームは2013年にオープン。過去に本ヴェロドロームでは2015-2016UCIワールドカップ最終戦や2017UCIトラックサイクリング世界選手権が開催された。

ワールドカップを終えて7カ国が14個のタイトルを獲得。

ランキング首位で大会を終えたオーストラリアは3つの金メダルを含む計8個のメダルを獲得。イタリアは金メダルを3つ勝ち取った。続く中国、香港、オランダは2個の金メダルという結果に。

ニュージーランドとUCIトレードチームであるBEAT Cycling Clubは金メダル獲得数1個で終えた。

今大会では3選手が複数の種目で勝利を挙げた。

地元香港のスターであるリー・ワイジーは女子ケイリンと個人スプリントで、キルステン・ウィルトは女子オムニアムとマディソンで金メダルを獲得し、オランダのメダル獲得数に大きく貢献。

オーストラリアのトーマス・クラークは男子チームスプリントのメンバーでありながら個人スプリントでも優勝した。

リー・ワイジーの女子個人スプリントおよびケイリンでの優勝は彼女にとっての同種目ワールドカップ2連覇であり、今シーズンにおいては4度目のスプリント優勝と2度目のケイリン優勝となった。

トラックワールドカップ第6戦の記事一覧はこちら

【ピックアップ選手】キルステン・ウィルト Kirsten Wild

Women's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Kirsten Wild (NED)

オランダ出身のキルステン・ウィルトは間違いなく女子中距離トラック種目において圧倒的な存在と言えるだろう。

今シーズンのUCIトラックワールドカップオムニアムでは出場した3戦全てで優勝。現在彼女はUCIオムニアム、ポイントレース、スクラッチにおいてランキング首位に位置しながら同種目現世界チャンピオンでもある。

今までのウィルトの世界選手権での成績は金メダル4個、銀メダル3個、銅メダル3個であり、加えて2016年ロードレース世界選手権において銀メダル、2012年チームタイムトライアルで銅メダルを獲得している。

元記事:https://www.uci.org/track/news/2019/the-tissot-uci-track-cycling-world-cup-chronicle

TAGS