UCIクロニクル・トラックワールドカップ第5戦ニュージーランド&6戦香港

1st Round / Men's Keirin / Track Cycling World Cup V / Cambridge, New Zealand

UCI公式サイトにて、2018-2019トラックワールドカップの振り返り記事が英文で公開されている。その5戦&6戦についてのレポートを翻訳したものが以下となる。

2月末に行われる世界選手権の前に、直近の大会の内容を振り返ってみよう。

第5戦 2019年1月18〜20日 ニュージーランド・ケンブリッジ

第4戦から1ヶ月空け、Tissot UCI トラックサイクリングワールドカップはニュージーランド・ケンブリッジにあるアヴァンティドローム(Avantidrome)にて1月18~20日に開催された。本大会が2018-2019シーズンの第5戦となる。

地元ニュージーランドの選手達が6個のメダルを獲得し、そのうち金メダルが5個。他にはオーストラリアと香港の2ヶ国のみが複数の種目で金メダルを獲得。ニュージーランドが大会を支配した。

合計19ヶ国とUCIトレードチームが表彰台へと登り、そのうち7ヶ国と1チームが14個の金メダルを獲得した。

今大会では3選手が大会二冠を達成した。

5度目のワールドカップにて女子個人スプリントケイリンで3度目の優勝を果たした香港のリー・ワイジー

地元ニュージーランドのスチュワート・キャンプベル(Stewart Campbel)が男子マディソンチームパシュートで、エドワード・ドーキンス(Edward Dawkins)がケイリンとチームスプリントで勝利を挙げ金メダルを獲得した。

トラックワールドカップ第5戦の記事一覧はこちら

【ピックアップ選手】エドワード・ドーキンス Edward Dawkins

Edward Dawkins / Men's Keirin / Track Cycling World Cup V / Cambridge, New Zealand

ニュージーランドが誇るスプリンター、エドワード・ドーキンス。

チームスプリントで2016オリンピック、3度の世界タイトル(2014.2016.2017)、過去3年のコンチネンタルチャンピオンシップ、そして2度のコモンウェルスゲームズと数々の大会で栄誉を誇るPowerhouse men’s squadのメンバーの1人でもある。ニュージランドは今大会チームスプリントで勝利を遂げ、ドーキンス個人はケイリンで金メダルを獲得。

2018年コモンウェルスゲームズで銅メダル、2015年と2016年の同大会では銀メダルを獲得している。2016年でのコンチネンタルチャンピオンシップでは優勝経験があり、ケイリン選手としてのその高い能力を過去の数シーズンで示している。

元記事:https://www.uci.org/track/news/2019/the-tissot-uci-track-cycling-world-cup-chronicle-cambridge-2019

第6戦 香港

TAGS