競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

女子チームパシュート日本6位/2018-19トラックワールドカップ第5戦

2019/01/18

1回戦

予選を7位として終えた日本チームは予選6位のウクライナと1回戦で対戦。この対戦に勝ち、尚且つ全体でも上位のタイムを出せばメダル決定戦へと進むことができる戦いに挑んだのは、予選とメンバーを代えて梶原悠未/中村妃智/古山稀絵/橋本優弥の4人。

スタートすると、1kmを予選とほぼ同タイムで走る日本チーム。

しかしその後はペースが向上する。

最後の1kmを梶原が先頭で引っ張ってフィニッシュ。予選のタイムを大きく上回り4分26秒779として、対戦相手のウクライナを大きく突き放して他のチームの結果を待つことになる。

しかし日本チームのタイムを後に走った5チームが上回り、日本は1回戦敗退が決まった。1回戦のタイム順により最終成績を6位とした。

決勝は唯一4分15秒台を記録したカナダと4分18秒台を記録した地元のニュージーランドで、18日の現地時間・夜に行われる。

1回戦結果PDF

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。