日本全員が1着!新田祐大、河端朋之、脇本雄太の好発進/男子ケイリン・アジア選手権トラック2019

1組:新田祐大

新田祐大

新田祐大

まずは新田の1組。6人で争われたレースには2017年の世界選手権を制したアジズルハスニ・アワン(マレーシア)、アジア大会で僅差の末、新田を下したジャイ・アングスタサウイット(タイ)など強豪が出揃った。

新田は残り3周までは先頭で走るが、残り3周を切るとアワンが一気に先頭へ。

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

新田祐大

新田は内側に包み込まれる形で一度は4番手まで下がっていく。残り1周となる時点で縦並びとなった選手たちの2番手にアワン、3番手に新田という形で最後の1周へと入る。ラスト1周となり新田が外から加速すると、アワンが新田に合わせる形で前を伺う。しかし3コーナーで外から更に新田が加速し先頭へ。

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

新田祐大

そのままフィニッシュして1回戦を1着で勝ち抜いた。尚、2着は新田の後輪に上手く飛びついたアングスタサウイットが半車身差でフィニッシュし、この組での勝ち上がりを決めた。

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

新田祐大

2組:河端朋之

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

河端朋之

続く2組には河端が出場。対戦相手にはムハマド・シャローム(マレーシア)、シーファン・カン(台北)など。この組は7人でのレースとなった。3番手で残り3周まで進む河端。

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

河端朋之

残り3周を切ると、シャロームとカンがまずは仕掛けて、カンが先頭、シャロームが2番手、河端は5番手で残り2周へ。レースは残り1周を前に河端が少し位置を上げて4番手となる。最終周回へと入ると河端がスプリントを開始し、4コーナーで先頭を捕らえて、そのままフィニッシュ。2着にはシャロームが入り、この組からの勝ち上がりは河端とシャローム(マレーシア)となった。

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

河端朋之

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

河端朋之

3組:脇本雄太

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

脇本雄太

7人での戦いとなった脇本雄太の1回戦。

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

脇本雄太

脇本は2番手の位置でスタートし、残り3周を切ると4番手へと位置を下げる。残り2周の時点で中国のユ・ゾが位置を上げて先頭に出ると、その後ろで脇本も加速。残り1周の時点では脇本が多勢を離す勢いをつけ単独トップで最終周回へと入る。

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

脇本雄太

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

脇本雄太

そのままロングスプリントに入った脇本は、残り半周で後ろを確認する余裕を見せながら、多勢を大きく突き放し1着でフィニッシュ。2着にはセルゲイ・ポノマリョフ(カザフスタン)が入った。

Men's Elite Keirin / Asian Championships Track 2019 Jakarta

脇本雄太

男子ケイリン1回戦結果(PDF)

日本勢は全員が準決勝へ進出。準決勝、決勝は10日夜に行われる予定だ。

TAGS

Related Articles