短距離女子は群雄割拠の時代、日本女子は表彰台獲得なるか!?/トラックワールドカップ第3戦ベルリン

小林優香

男子編に続き、2018-2019トラックワールドカップ第3戦ベルリン大会の見所を紹介。今回は女子編だ!

フォーゲル一強時代の終焉

いずれも日本のガールズケイリンを走ったことがある選手たちが、短距離各種目の優勝候補だろう。今回はフランス、ニュージーランドなどが不在予定だが、それでも迫力のあるレースが期待される。

ステファニー・モートン(オーストラリア:ケイリン、スプリント)
ロリーヌ・ファンリーセン(オランダ:ケイリン、スプリント)
ミリアム・ベルテ(ドイツ:チームスプリント、スプリント)

Stephanie Morton

Stephanie Morton

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Women's Keirin

Laurie van Riessen (BEAT Cycling Club)

2018-2019 Tissot UCI Track Cycling World Cup II Women's Team Sprint Final

(WELTE Miriam, HINZE Emma

残念ながら今回はエントリーしていないメンバーも多いが、競輪場で見ることができるメンバーは豪華なんだなぁと気づかされる面々だ。今回も活躍するメンバーは第1戦、2戦と変わらないのではないかと思われる。

気になる点はリオ五輪が終わってから表舞台では本調子を見せていないゾン・ティエンシー(中国)とエリス・リグトレー(オランダ)だ。元々スプリントやチームスプリントで世界トップ争いをしていたため、2人とも実力は折り紙付だが、まだその本領を発揮するところには到っていない不気味な存在。

SONG Chaorui, ZHONG Tianshi

Elis Ligtlee (NED)

Elis Ligtlee (NED)

地元ドイツの若手で台頭してきているエマ・ヒンツェもとにかく勢いがある。ワールドカップで常に表彰台にあがっているような選手でも要注意だろう。そしてドイツといえばクリスティーナ・フォーゲル。彼女が会場に登場するかどうかも注目の点の一つ。

日本からは太田りゆと小林優香が出場

TAGS