深谷知広、グレーツァーに破れベスト8/2018-2019トラックワールドカップ第2戦・男子スプリント

深谷知広

男子スプリントには37人が出場。注目は現世界チャンピオンで前回大会で優勝のマシュー・グレーツァー(オーストラリア)とスプリント種目で抜群の強さを見せるオランダの選手たち。日本からは河端朋之深谷知広脇本雄太の3人が出場した。(スプリントのルール

レースの進み方:予選(タイムトライアル)→1回戦→2回戦→準々決勝→準決勝→決勝

予選

助走をつけての200mタイムトライアルで始まる予選、本戦へと通過可能なのは28人。

予選のタイムは
河端朋之:9秒905(16位)
深谷知広:9秒761(9位)
脇本雄太:9秒962(20位)

として3人とも予選を通過した。深谷知広は自己ベストを更新。予選1位は現役スプリント世界王者のマシュー・グレーツァーが9秒517。

深谷知広

深谷知広

河端朋之

河端朋之

脇本雄太

脇本雄太

Matthew Glaetzer (AUS)

Matthew Glaetzer (AUS)

男子スプリント 予選結果(PDF)

1回戦

TAGS