競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

ファンリーセン金の女子ケイリン、日本はオリンピックへ向けたポイント獲得(小林優香7位、太田りゆ12位)/2018-2019トラックワールドカップ第1戦

2018/10/22

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Women's Keirin
Laurie van Riessen (BEAT Cycling Club)

10月21日にフランスで行われた2018-2019トラックワールドカップ第1戦、最終日に行われた女子ケイリンには25人が出場。日本からは太田りゆ小林優香の2人がワールドカップ初戦の頂点を目指し挑んだ。

予選

女子ケイリン 予選スタートリスト(PDF)

4組に分かれて行われた1回戦は太田が第1組に、小林が第2組。それぞれの組で2着までが準決勝に進出し、それ以外は敗者復活戦へと回る。

第1組:太田りゆ

太田りゆの相手はファンリーセン(オランダ)、シュメレワ(ロシア/RVL)など強豪も含むレースとなった1回戦。

太田はファンリーセンの後輪に付けてシュメレワと3人で先行。前からファンリーセン、太田、シュメレワとなっていたが、シュメレワが太田の隙を突き、インから前に出ると、最後まで先頭の2人は変わらず。太田は外から巻き返しを図るも、勝ち上がりの2着には届かず、敗者復活戦へと回る。

敗者復活戦では他の選手を突き放し、1着で準決勝へと駒を進めた。

女子ケイリン 敗者復活戦結果(PDF)

第2組:小林優香

モートン(オーストラリア)やマーシャン(イギリス)が小林優香のライバルとなった第2組。

小林は残り2周を前に最後尾から仕掛ける形となった。残り2周、小林が外から上がっていく後ろにマーチャンが付く。残り1周を切るとペースを上げて外から一気に前を伺う小林。最終ストレートでモートンと並び、モートンが1着、小林が2着となり。準決勝進出を決めた。

女子ケイリン 予選結果(PDF)

準決勝

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。