窪木一茂&近谷涼が男子マディソン圧勝、窪木は全日本4タイトル獲得/2018全日本選手権トラック

「オリンピックへ本気で専念する強い気持ちがある」窪木一茂&近谷涼インタビュー

2018全日本選手権トラック男子マディソン

Q:本日はどんなレースでしたか?

窪木:今まで走った中で走りやすいペアで、呼吸も合っていたし、すごく(パートナーのことを)かみ締めながら交代して、スプリントして走りました。

近谷:僕もこの種目を何戦か走ってきていますが、交代の場所、思惑、順番など全てがスムーズにいっていましたので、ストレスもなく、あっという間に終わってしまったような印象でした。

Q:お互いを理解できていた、ということでしょうか?

窪木:以前から知っているし、どんな選手かも知っています。(近谷は)凄く選手のことを思いやってくれるので、その辺りもやり易さを感じることができて良かったです。

近谷:窪木選手は経験も豊富で、世界でのレースの経験も多いので、レース中なども的確に指示を出してもらって、僕はその指示通りに走っただけなので走りやすかったです。

Q:今日の勝敗のポイントはどこだったのでしょうか?

窪木:途中でポイントを加点していって、有利な状況に立っていましたが、「気を抜かないように」と交代の時に言っていたことが、最後までリードを許さずに勝てた要因だと思います。

近谷:序盤にリードを奪えたことで、中盤で余裕を持って走ることができたので、レースの最後まで集中力を切らさず走れたことが勝因だったと思います。

2018全日本選手権トラック男子マディソン

Q:今の心境はいかがでしょうか?

窪木:自分としてはオリンピックへの戦いがいよいよ始まったなという感じです。オリンピックに向けて何をすべきかということが見えていることが、他の選手との違いなのかなと自分では思っています。

Q:具体的にいうとどのようなことでしょうか?

例えば、何かを犠牲にして一生に一度しかない東京オリンピックに本当に専念してやる!という強い気持ちが皆には無くて、自分にはあると思っています。このような気持ちをもっと若い選手に植え付けて、刺激し合って、切磋琢磨して東京オリンピックに向けて全員で進んでいかないといけないと強く思っています。そのことを心にしっかりと留めて、これから皆で強くなって結果を残していきたいです。

近谷:個人的にはまだまだ課題が多くて、個人追い抜き(個人パシュート)のタイムも、もっと伸ばしていかない世界とは戦えないと自覚しています。ポイントレースも後半の持久力が足りません。もうオリンピックまで2年を切っているので、しっかり1日1日を大事にして練習をしていかなければならないなと思いました。

順位 チーム 名前 総ポイント
1 TEAM BRIDGESTONE Cycling 1 窪木一茂
近谷涼
48
2 CS Slinger 新村穣
渡邉慶太
22
3  TEAM BRIDGESTONE Cycling 2 沢田桂太郎
原田裕成
21

2018全日本選手権トラック男子マディソン表彰式

2018全日本選手権トラック男子マディソン

3位:沢田桂太郎&原田裕成(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

TAGS