窪木一茂&近谷涼が男子マディソン圧勝、窪木は全日本4タイトル獲得/2018全日本選手権トラック

2018全日本選手権トラック男子マディソン

9月9日に静岡県にある伊豆ベロドロームで、『全日本自転車競技選手権大会トラック・レース(全日本選手権トラック)』の2日目に、男子マディソンで窪木一茂近谷涼のペア(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が優勝。窪木は今大会4つの全日本タイトルを獲得した。

関連記事:【マディソン】これでわかる!トラック競技初心者のためのルール解説・動画

2018全日本選手権トラック男子マディソン

窪木一茂(TEAM BRIDGESTONE CYCLING)

この男子マディソンは250mのバンクを120周、30kmで競われ、10周回ごとの通過着順によってポイントが与えられる。10周回ごとに1着通過に5ポイント、2着通過に3ポイント、3着通過に2ポイント、4着通過に1ポイントが加算され、合計ポイントが一番多かったペアが優勝というルールだ。

2018全日本選手権トラック男子マディソン

新村譲(CS Slinger)

2018全日本選手権トラック男子マディソン

沢田桂太郎(TEAM BRIDGESTONE CYCLING)、奥村十夢(中央大学)

2位に26ポイント差での勝利

TAGS