沢田桂太郎が今大会3冠・男子スクラッチ/2018全日本選手権トラック

沢田桂太郎「ラスト2周になったら行くと決めていた」

2018全日本選手権トラック男子スクラッチ

沢田:展開については予想していたので、“ラスト2周になったら行く”と自分の中で決めていました。案の定、ラスト2周で飛び出せるタイミングが来たので、前に追いついて一気に・・・という感じでした。本当にハマったレースだったかなと思います。1kmの持ちタイムを見ても、残り2周から自分が先行すれば負けることはないかなと思っていたので、自信を持っていきました。

Q:今後の目標をお願いします

沢田:ナショナルチームでワールドカップも始まるので、そこでしっかり結果を残せるように頑張ってきたいと思います。

順位 名前 チーム タイム
1 沢田桂太郎 TEAM BRIDGESTONE Cycling 17:55.000
2 新村穣 CS Slinger
3 山田康太 京都産業大学

TAGS