太田りゆが早めの仕掛けで初の日本タイトル獲得/全日本選手権トラック2018・女子ケイリン

2018全日本選手権トラック女子ケイリン早めに仕掛ける太田りゆ

9月8日に『全日本自転車競技選手権大会トラック・レース(全日本選手権トラック)』の初日が行われ、女子ケイリン太田りゆTEAM BRIDGESTONE Cycling)が自身初の全日本タイトルを手にした。

2018全日本選手権トラック女子ケイリンスタート前

ペーサーが退避するまでは小泉夢菜(早稲田大学)、西島叶子(Ciel Bleu 鹿屋)、前田佳代乃(京都府自転車競技連盟)、太田りゆ、岡本二菜(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)の並びでレースが進んだ。

2018全日本選手権トラック女子ケイリン

ペーサーが退避し、残り2周を切ったバックストレートで太田りゆが仕掛け、大きく先行したまま最後の1周へ。

2018全日本選手権トラック女子ケイリン

前田が太田を追うも、最後は届かずに太田がそのままフィニッシュラインを駆け抜け、自身初のケイリン日本チャンピオンのタイトルを手にした。

2018全日本選手権トラック女子ケイリン

2018全日本選手権トラック女子ケイリン

2018全日本選手権トラック女子ケイリン太田りゆ1着

2018全日本選手権トラック女子ケイリン

ワールドカップには強い気持ちで

TAGS