太田りゆ「今後の可能性を見いだすレースをした」香港リー・ワイジーが金/アジア大会2018・女子スプリント

2018アジア大会女子ケイリン太田りゆ

インドネシアのジャカルタで開催されている『第18回アジア競技大会』女子スプリント準決勝には、前日に前田佳代乃(京都府自転車競技連盟)との1/8決勝を勝ち上がった太田りゆ(日本競輪選手会埼玉支部)が出場した。準々決勝の相手は、ガールズケイリンへの出場経験もある香港のリー・ワイジー。この対戦で太田はリー・ワイジーに2本先取され敗退した。この結果、太田りゆは最終成績を8位として大会を終えた。

決勝ではリー・ワイジーが、韓国のイ・ヘジンに対しストレート勝ちして金メダルを獲得している。

順位 名前 1本目 2本目 3本目
1 LEE Wai Sze 香港 11.487 11.157
2 LEE Hyejin 韓国 +0.473 +0.351
3 CHO Sunyoung 韓国 +0.080 11.634 11.393
4 ZHONG Tianshi 中国 11.256 +0.024 +0.011

女子スプリント最終リザルト(PDF)

太田りゆ「今後の可能性を見いだすレースをした」

相手がすごく格上で(200m FTTの)タイム自体も10秒5の相手。どうやったら勝てるかより、今後の可能性を見いだすことが重要だという話をコーチとしていた。強くても諦めずに戦う姿勢を見せるとか、リスクを背負うとか、そういうことを考えながら走った。

スピードが違っていて、2コーナー過ぎの直線で抜かされるなんて久しぶりだった。いろいろと世界のトップとの差を感じたというのが正直なところ。できないながらに勉強もしているし、考えているので、何もわからずやっていることではないというのが、前の自分と変わっていると思う。

TAGS