橋本英也&今村駿介ペア銅メダル「最終日は勢いで走った」/アジア大会2018・男女マディソン

2018アジア大会男子マディソン橋本英也&今村駿介

インドネシアのジャカルタで開催されている『第18回アジア競技大会』のトラック競技は最終日を迎えた。東京オリンピックから正式種目となる男女のマディソンが行われ、日本勢は男子(橋本英也今村駿介)が銅メダルを獲得。女子(梶原悠未橋本優弥)は4位の成績だった。

男子、最終スプリントポイントを獲得

2018アジア大会男子マディソン橋本英也&今村駿介

日本男子チームは前日にオムニアムで金メダルを獲得した橋本英也(TEAM BRIDGESTONE Cycling)と今村駿介(中央大学)の組み合わせ。前半から香港と韓国がコンスタントにポイントを伸ばすなかで、橋本・今村組は16回あるスプリントポイントの3回目と5回目をトップで通過し、各5ポイントを獲得するものの、得点を伸ばしきれない展開でレースが進んだ。

2018アジア大会男子マディソン橋本英也&今村駿介

それでも倍付けとなる最終16回目のスプリントポイントをトップで通過し、28ポイントの3位でフィニッシュ。金メダルは59ポイントを獲得したジャパントラックカップで3位の香港(レン・チュンウィンチェン・キンロ)。銀メダルは53ポイントの韓国(パク・サンフン&キム・オクチェオ)だった。

2018アジア大会男子マディソン橋本英也&今村駿介

男子マディソン結果

順位 チーム 名前 ポイント
1 香港 CHEUNG King Lok 59
LEUNG Chun Wing
2 韓国 PARK Sanghoon 53
KIM Okcheol
3 日本 橋本英也 28
今村駿介

男子マディソンリザルト(PDF)

6Day出場なども視野に

TAGS