【現地レポート3日目】2017 UCIジュニアトラック世界選手権大会

2017世界ジュニアトラック

2017 UCIジュニアトラック世界選手権大会(2017 UCI Junior Track World Championships)の折本監督による現地レポート、3日目。男子ポイントレースで佐藤がメダル獲得の可能性が出てきた。

【8/26】2017世界ジュニアトラック大会3日目

競技場内ピットは悪コンディション

大会は3日目に入り、個人種目を中心に競技が行われた。予定されている種目は、女子オムニアム、男子スプリント、個人パーシュート、男子ポイントレースである。

各選手のパフォーマンスを維持するために出走予定時刻へ合わせ、宿舎を7時30分、9時、12時と出発を3回に分けた。競技場内ピットは気温が高く、コンディションが良くない。

山根は無念の棄権

また、昨日ケイリンで落車した山根 慶太(倉吉西高校)はギリギリまで回復を待つも、無念の棄権をすることに決めた。一方、中野 慎詞(紫波総合高校)は若干首に痛みは残るがスプリントの出場をトライすることに。

女子オムニアムでは経験の少なさが露わに

女子オムニアムには山口 伊吹(鹿町工業高校)が出場した。22名をオーバーすると、予選を10kmのポイントレースで絞り込む。山口は予選第1組に出場し、レースでは集団後方に位置し、様子を伺う形となった。集団走行の不慣れから来る落車への心配であろうか、経験の少ない日本女子の課題を露呈している。

その中で隙きを見て山口は逃げ集団に乗り、20点を獲得して予選通過。その後、テンポレース、スクラッチ、エリミネイション、ポイントレースと続くが、総合成績は15位で終わった。

男子スプリント、中野が出場

200mハロンのジュニア日本記録、10秒236が16年間も更新されていない状況はなんとか打破したいものである。中野のゴールタイムは10秒431で12位。

1/16決勝で韓国選手と対戦勝ち上がり、1/8決勝へ上がるが、やはりハロンタイムの優劣は勝敗に影響すると思われる。国内大会では1種目の出場制限が多く、課題の一つとして感じさせる。1/8決勝ではポーランドの選手と対戦して破れ、悔し涙をのんだ。

男子個人パーシュート

男子個人パーシュートには、石井 洋輝(白河実業高校)と河野 翔輝(榛生昇陽高校)が出場した。それぞれ全力を出し切る走りを見せるが、石井が3分28秒997、河野が3分27秒239で、トップとは10秒以上の差がある(予選1位:PRICE-PEJTERSEN Johan/デンマークは3分15秒086)。

順位決定では毎周回、中央ラインを通過による優劣で観客が熱狂する。

佐藤のメダル獲得可能性が浮上…

TAGS