脇本雄太のGⅠ初戴冠をブノワ・べトゥ短距離ヘッドコーチはどう見たか?/第61回オールスター競輪・いわき平

Benoit Vetu

脇本雄太のGI初戴冠、愛弟子を生で見ていたブノワ・ベトゥ短距離ヘッドコーチは何を感じ、何を思ったのか。レースの解説と共にお伝えします。

関連記事:【悲願達成】脇本雄太が初GI制覇、圧巻の先行で3車身差の大勝利!獲得賞金ランキング2位へ急浮上

脇本の勝利はインパクトが大きい

Q:ブノワさんの愛弟子とでも言える脇本選手が初のGI戴冠ですが、感想は?

脇本にとっては良い勝利でしたね。ただ渡邉は結果に失望したことでしょう。渡邉はシーズン序盤の目標として、このレースに勝つつもりでレース臨んでいましたし、実際に強かったので勝てなかったことは残念です。

Benoit Vetu

脇本は自分の強さを発揮しましたね。先頭に出るまでに時間を要するちょっと変なレース展開でした。先頭に出る頃にはかなり消耗していたと思います。脇本の後続がブロックし合ってくれたことが功を奏しましたね。

実際に最後の200mは、それまでに長いスプリント勝負を繰り広げたため「速い」タイムではなかったと思います。そのような展開に持っていけたことが脇本にとって良かったと思います。

国内外で勝てることを脇本は証明した

TAGS