橋本英也が短距離&中距離で最多表彰台!リー・ワイジーがアジア新、ブフリ&ボス1kmTTで1分00秒の世界選レベルを叩き出す/第5回JICF国際トラックカップ

第5回JICF国際トラックカップ

2018年7月14・15日に長野県松本市の美鈴湖自転車競技場で『第5回JICF国際トラックカップ』が行われた。UCIクラス2の大会ながら、2018ジャパントラックカップ直後という事もあり、多くの海外有名選手も出場。日本からも短距離は新田祐大、中距離は橋本英也や近谷涼らブリヂストン勢が出場した。炎天下の屋外バンクで行われたJICF国際トラックカップのレポート。

関連記事:UCIポイントとは?公認レースの種類には何がある?

女子200mFTTでアジア記録・1分00秒台の男子1kmTTなど高次元の戦い

『第5回JICF国際トラックカップ』は日本の学生競技者の強化策の一つとして・かつ全日本学生選手権オムニアムを兼ねた日本学生自転車競技連盟が主管する低予算大会にも拘らず、国外選手約40名・総勢200名に上る選手が参加した。

女子スプリントで優勝した香港のリー・ワイジー選手は、予選200mフライイングタイムトライアルでアジア記録の10秒571をマーク。

※これまでのアジア記録:ゾン・ティエンシー(中国)10秒573

また1㎞TTでは、オランダのマティエス・ブフリ選手が1分00秒581、テオ・ボス選手が1分00秒847という素晴らしいスピードを観客や学生参加者に披露してくれた。

第5回JICF国際トラックカップ

第5回JICF国際トラックカップ

テオ・ボス選手はケイリン予選でも最後の200mを9秒97。1/2決勝ではこのテオ・ボス選手と競って日本大学の中島選手が1位となった。3位以上が決勝に進むためそのまま順位通りの評価にはならないが、中島選手の挑戦的な走りは観客から喝さいを浴びた。

男子スプリントは新田祐大選手が優勝。予選の200mFTTでも10秒044と、これも好記録であった。

第5回JICF国際トラックカップ

最多表彰台の橋本英也選手

TAGS