「世界選手権大会への良いステップ」オーストラリアのウェルスフォード&オブライエンが大差で連覇/2018ジャパントラックカップⅡ・男子マディソン

Kelland O'brien & Samuel Welsford (AUS)

Kelland O'brien & Samuel Welsford (AUS)

『2018ジャパントラックカップⅡ』の最終種目は7月8日(日)に行われた男子エリート マディソン。昨年の覇者オーストラリア(ウェルスフォード&オブライエン)が2位ブリヂストンへ倍以上のポイント差をつけ連覇を果たした。

関連記事:会場が大熱狂!橋本英也の逆転スプリントで窪木一茂と2位表彰台へ/2018ジャパントラックカップⅡ・男子マディソン

序盤から大量のスプリントポイントを獲得し続け、首位を独走し続けたオーストラリアナショナルチームのサミュエル・ウェルスフォード&ケランド・オブライエン。

サミュエル・ウェルスフォードはチームパシュートでリオオリンピック銀メダル、世界選手権は2連覇、今年のコモンウェルスゲームズでもチームパシュート金、スクラッチ金のトップ選手。

ペアを組む若干20歳のケランド・オブライエンも2017世界選手権、2018コモンウェルスゲームズでウェルスフォードと共にチームパシュート金。2017世界選手権では個人パシュートで銅を獲得している。

世界選手権大会への良いステップ

TAGS