欧米の強豪に日本勢が喰らい付く!今村駿介が3位/2018ジャパントラックカップⅡ・男子オムニアム

ウェルスフォード「オムニアムとマディソンに集中」

2018 Japan Track Cup 2 - ME Omnium

全ての種目でリードを保ってましたが、どのような作戦がありましたか?

前半でポイントをだいぶ稼ぐことができたので、それをキープできるように走りました。今回はハードなレースだったので勝てて良かったです。

日本の選手たちについてはいかがでしょうか

橋本選手や今村選手は大会でよく一緒になるので、強いこともよくわかっていました。こうやってまた一緒にレースを走れて嬉しいです。

今後のレースでの目標を教えてください

オムニアムとマディソンに集中して、世界選手権大会、ワールドカップ、そしてそのあとの東京オリンピックに繋げられるように頑張っていきたいです。

男子オムニアム 最終結果

順位名前チームTotal Point
1サミュエル・ウェルスフォードAUS154
2デレック・ジーCAN134
3今村駿介JPN123
4窪木一茂BGT112
5ジャアン・シーフィイCHN103
6橋本英也BGT98
7レン・チュンウィンHKG82
8ダニエル・ホロウェイUSA82
9モハマド・ガンジャンロウIRI75
10アイヴァン・ルイズARG74
14小林泰正CSSG46

詳しい結果はhttp://jcf.or.jp/をご覧ください。

TAGS