渡邉一成が冷静な差しで『青龍賞』優勝、新田祐大とワンツー/高松宮記念杯(G1)・岸和田競輪

11R 青龍賞 ゴール

11R 青龍賞 ゴール

2018年6月14日より大阪・岸和田競輪場で開催されているG1レース高松宮記念杯競輪の2日目、11R東日本/青龍賞で渡邉一成選手が1着を決めた。

渡邉選手は初日(14日)の11R東日本選抜予選を1着の好スタート。モスクワグランプリ2018でも自己ベストを更新し、その後迎えたビッグレースでの好調さが伺えた。

11Rは最終周回を告げる鐘が鳴った時点で3番新山響平(青森/107期)が先頭、後方6番手で福島勢の2番新田祐大(福島/90期)、5番渡邉一成(福島/88期)、7番佐藤慎太郎(福島/78期)が走行。最終2コーナーから新田が捲り、最終直線で先頭へ。最後は番手につけていた渡邉が冷静に差し切り1着でゴール。

【ダイジェスト動画(13:03~)】

競争結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
15渡邉一成34福島88SS10.8差し
22新田祐大32福島90SS微差10.9捲り
39菅田壱道32宮城91S13車身11.1
47佐藤慎太郎41福島78S13/4車輪10.9
54神山拓弥31栃木91S11車輪11.1
68根田空史29千葉94S11/2車身10.8
71武田豊樹44茨城88SS2車身11.3
86菊地圭尚38北海道89S11/2車輪11.1
93新山響平24青森107S11/4車輪11.7HB

※その他のレース詳細はkeirin.jpでご確認ください。

渡邉一成の関連記事

脇本雄太が5年ぶりの日本新、日本勢全員が200mFTT自己ベスト/モスクワグランプリ2018・男子スプリント予選

脇本雄太が準優勝、ドミトリエフ優勝&パーキンス3位/モスクワグランプリ2018・男子スプリント

TAGS