小林優香が日本記録を更新、女子も全員200m FTT自己ベスト/モスクワグランプリ2018・女子スプリント予選

小林優香

ロシア・モスクワで開催中のUCIクラス1“モスクワグランプリ2018”、初日の5月30日に行われた女子スプリント予選の200m FTTで小林優香が10秒814を出し、2013年に前田佳代乃が記録した日本記録の11秒014を約0.2秒更新。予選4位で通過した。

予選1位はロシアのシュメレワが10秒672。2位はリトアニアのマロザイテ10秒677。3位ロシアのボイノワ10秒678。

同種目へ日本から出場の前田佳代乃も小林に次ぐ10秒890で5位、太田りゆが11秒059で6位と自己ベストを更新するタイムで予選を通過した。

モスクワグランプリ2018 女子スプリント予選 200m FTT結果

順位名前チームタイム
1SHMELEVA DariaGazprom-RusVelo10.672
2MAROZAITE Migleリトアニア10.677
3VOINOVA AnastasiiaGazprom-RusVelo10.678
4小林優香日本ナショナルチーム10.814
5前田佳代乃JPC10.890
6太田りゆチーム ブリヂストン サイクリング11.059

TAGS

Related Articles