第2ステージで草場啓吾が山岳賞を獲得/ツアー・オブ・ジャパン 第2ステージ

引用:宇都宮ブリッツェン公式ウェブサイト https://www.blitzen.co.jp/

第2ステージで草場が山岳賞を獲得

レースは1周目から草場ら4人の先行に対し、メイン集団は最終回のペースアップで先頭を吸収。

約30名のトップグループが形成される中、ラスト1㎞付近で隙を突いて一気に飛び出した雨澤がステージ優勝の大金星を挙げた。雨澤のステージ優勝は日本人選手へ刺激を与え、草場の山岳賞獲得はナショナルチームの士気を高めている。

草場啓吾の関連記事はこちら

レース結果

1位 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)2h49m29s
2位 グレガ・ボレ(スロベニア/バーレーンメリダ)+0s
3位 マルコ・カノラ(イタリア/NIPPO/ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ)+0s
48位 草場啓吾
73位 松田祥位
77位 中川拳
84位 冨尾大地
88位 武山晃輔
90位 佐藤健

第2ステージ終了後個人総合リーダー
グレガ・ボレ(スロベニア/バーレーンメリダ)2h52m37s

第2ステージ終了後個人総合山岳賞
草場啓吾

原文:JCF

画像引用:宇都宮ブリッツェン公式ウェブサイト

日本ナショナルも参戦!初日個人TTは松田祥位が28位!/ツアー・オブ・ジャパン 第1ステージ

TAGS