脇本爆走!決勝を制したのは三谷竜生!/第72回日本選手権競輪(G1)・平塚競輪場

全日本選手権11Rゴール

2018年5月1日~6日にかけて行われていた第72回日本選手権競輪(G1)を制したのは三谷竜生!

6日間のラストを締めくくる決勝11Rに残ったのは以下の9人

浅井康太(三重)
新田祐大(福島)
脇本雄太(福井)
・和田健太郎(千葉)
・村上博幸(京都)
・山中秀将(千葉)
三谷竜生(奈良)
・香川雄介(香川)
・村上義弘(京都)

近畿勢が4人で強力なラインを形成することが予想され、新田と浅井が独力で、どのようにレースを展開するのかにも注目が集まるレースとなった。

レースは残り2周の時点で、注目の近畿勢は脇本を頭に6~9番手(脇本/三谷/村上(義)/村上(博))。残り2周を切ると脇本が急加速、近畿勢を引き連れてそのまま残り1周半、先頭へと躍り出た。

脇本を先頭にした近畿勢が脅威的なスピードで残り1周で他勢を大きく突き放す。後ろから浅井を頭に近畿勢以外の選手たちが追い込むも、脇本の加速によって開いた差は埋まらない。

結局最後は脇本を三谷と村上(義)が差し、脇本が3着。近畿勢での1,2,3,4と上位独占フィニッシュとなった。

全日本選手権11Rゴール

ダイジェスト動画

競争結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
17三谷竜生30 奈良101SS11.4 差し
29村上義弘43 京都73S13/4車身11.4 マーク
33脇本雄太29 福井94S1タイヤ差11.5HB
45村上博幸39 京都86S11車身1/211.4
58香川雄介43 香川76S14車身11.2
61浅井康太33 三重90SS1/2車輪11.3
74和田健太郎36 千葉87S13/4車身11.0
82新田祐大32 福島90SS1車身11.3
96山中秀将31 千葉95S15車身11.8

*その他のレース詳細はkeirin.jpでご確認ください。
三谷竜生・脇本雄太レース後コメント

TAGS

Related Articles