2020東京オリンピックトラック競技の出場枠は189名、開催国枠は無し

東京2020オリンピック

日本にとっては10月からのワールドカップがオリンピック出場枠争いのスタート

自転車トラック競技の2020年東京オリンピック出場枠、選考について発表が行われた。全6種目、男女計189名の出場枠を、2018年7月6日〜2020年3月1日の期間で開催される各大陸選手権やトラックワールドカップ、世界選手権で得られるポイントで争う。日本の開催国枠は設けられない。

8月の欧州選手権を皮切りに、2018年の10月より6戦に渡って行われるトラックワールドカップ、各大陸選手権や世界選手権でのポイントで出場枠が決まる。

昨シーズンのランキングでは、日本はケイリンで現在1位となっている(オリンピック出場に関してのランキングとは別)。どんどん高まる世界のレベルだが、日本チームは昨シーズンの世界選手権やトラックワールドカップでのメダル獲得、アジア選手権でのメダルラッシュなど飛躍的な成長を見せ、追いつくどころか、勝てる事を証明してみせた。日本チームの活躍へ期待したい。

参考:2018年4月現在の日本の各種目UCIランキング

男子

種目 順位 ポイント
ケイリン 1位 5742ポイント
オムニアム 5位 3050ポイント
個人スプリント 9位 3605ポイント
チームスプリント 9位 3322.5ポイント
チームパシュート(団体追い抜き) 15位 3300ポイント
マディソン 20位 1133.5ポイント

女子

種目 順位 ポイント
ケイリン 3位 4181ポイント
オムニアム 7位 3215ポイント
個人スプリント 8位 3537ポイント
チームスプリント 19位 770ポイント
チームパシュート(団体追い抜き) 8位 5160ポイント
マディソン 17位 1521ポイント

※2018年4月11日時点

UCI公式ランキングはこちら

東京オリンピック出場の条件は?

TAGS