初日12Rは新田が捲るも、吉田が差して1着「このメンバーで走るのは勇気がいる」/第2回ウィナーズカップ 松山競輪場

吉田敏洋

吉田敏洋

2018年3月18日(日)、第2回ウィナーズカップ初日の最後を飾った12R。最終周回で新田祐大(福島/90期)と番手渡邉一成(福島/88期)の福島勢が大きく捲りに出るも、一歩届かず、最後は2番手につけていた吉田敏洋(愛知/85期)が差して1着となった。

12Rゴール

新田祐大(9番)と渡邉一成(1番)

新田祐大(9番)と渡邉一成(1番)

以下、吉田敏洋選手のコメントだ。

吉田敏洋吉田敏洋

このメンバーの中で走るのは勇気が必要

竹内雄作選手(岐阜/99期)と一緒に二人で勝ち上がるというのが、最近なかったので、僕以上に竹内選手にとって重要だと思っています。竹内選手の沈みかけてた気持ちにこれで火がついてくれると思う。自分では調子が悪いと思っているかもしれないけれど、誰でもそういうものは持ってるので、走る前に気持ちを切り替えるきっかけを与えてあげたいと思っていた。レースはタイミングといい、スピードといい申し分ありませんでした。

この出走メンバーの中で2車で走るのは勇気がいること。負けずに、強い気持ちで走ってくれました。

同じ中部勢の浅井康太選手と深谷知広選手も勝ち上がりを決めていたので、それで竹内選手の気持ちに火がついたんじゃないかと思います。

先頭を走る竹田雄作選手(5番)と吉田敏洋選手(2番)

先頭を走る竹田雄作選手(5番)と吉田敏洋選手(2番)

12R結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
12吉田敏洋38愛知85S111.6差し
27桑原大志42山口80SS1車輪11.2差し
35竹内雄作30岐阜99S11/2車輪11.8HB
49新田祐大32福島90SS1/4車輪11.1
51渡邉一成34福島88SS1車身11.1
64川村晃司41京都85S11/2車輪11.5
73太田竜馬21徳島109S11車身1/211.7
86宿口陽一33埼玉91S23/4車身12.0
98稲毛健太28和歌山97S11車身11.9

*その他のレース詳細はkeirin.jpでご確認ください。

TAGS

Related Articles