「まずは日本新記録を」日本代表選手インタビュー/2017-2018トラックワールドカップ第1戦

小林優香選手インタビュー

トラックワールドカップ2017プルシュクフ

レースに向けては順調ですか?

順調です。マイペースなんで(笑)

1年前には想像もしなかったタイムが、直前のトラックパーティーで出ていたりしていますので、今回はどこまでやれるのか楽しみです。

自転車に対する考え方が180度変わったので、結果も付いてきているのだと思います。例えば、たくさん乗って練習してきたのが、1日10kmも走らない、などですね。

トラックワールドカップ2017プルシュクフ

最初は不安でしたが、今は結果も出て、理解もし、やっと噛み合ってきたかなと思います。

印象に残っているブノワ・べトゥ監督の言葉は?

「失敗を恐れるな」ですね。失敗しないと先に進めないので、失敗を恐れず、監督としっかり話していきたいと思います。

トラックワールドカップ2017プルシュクフ

今回の出場種目は?

スプリントとケイリンです。

スプリントでは予選の200mタイムトライアルで10秒台を狙います。

ケイリンでは「淡々と」表彰台を狙っていきたいです。私の場合、力み過ぎると結果が出ないので、「淡々と」ですね。いろいろ試せる良い機会だと思うので、いろいろ試したいとも思っています。

太田りゆ選手インタビュー

トラックワールドカップ2017プルシュクフ

初のワールドカップ出場ですね。緊張していますか?

緊張は無いです。今のところ、ですが。

トラックワールドカップ2017プルシュクフ

まだ自分の経験、実力だと挑戦するだけなので、緊張する必要はないと思っています。しっかり落ち着いて走れればと思っています。

今回の出場種目は?

チームスプリントとケイリンです

今回のワールドカップ第1戦での目標は?

(チームスプリントで)日本記録を出したいです。2走をやるのは初めてで、練習も十分とは言い難いのですが、深く考えず頑張ってみたいと思っています。

トラックワールドカップ2017プルシュクフ

ケイリンは展開を良く見て、落ち着いてレースをしたいです。今シーズンは挑戦者なので、縮こまらず走りたいです!

前田佳代乃選手インタビュー

トラックワールドカップ2017プルシュクフ

コンディションはいかがですか?

少し前までは調子が悪かったのですが、今は調子も上がってきたので、間に合って良かった、といったところです。

最近タイムが伸びてきていますが、その要因は?

このように走らなければいけない、というのが明確にわかってきたので、それが大きいと思います。監督と一緒に映像解析、データ解析を行ったりし「ここが良い、あそこが悪い」という話をよく行っています。

トラックワールドカップ2017プルシュクフ

今シーズンの目標を教えてください。

チームスプリントでは日本記録を更新したいです。

スプリントでは本戦(対戦)に上がり、勝てるところまで勝ち上がりたいです。

ケイリンは決勝まで上がることが目標になると思っています。短期登録の(外国人)女子の一流選手たちと一緒に練習したりして、いろいろ見えてきた部分もあるので、少し自信も付きました。

トラックワールドカップ2017プルシュクフ

今までは見えていなかった頂が見えたかなと思います。どこまで行けるかはわかりませんが、上るだけ上ってみます!

Text&Photo : Mizuki Ida

TAGS