BMXワールドカップ5戦で長迫吉拓が33位、畠山紗英が11位

ニーク・キンマン

via UCI

ベルギー・ゾルダーでUCI BMXスーパークロス ワールドカップの5戦が行われた。日本からはトラック競技との二刀流で東京オリンピックを目指す、長迫吉拓らが出場した。

5月12日の5戦には、日本からエリート・ジュニアの男女合わせて11名の選手が参加。

男子はオランダのニーク・キンマンが優勝。日本人最高位は長迫吉拓が1/8決勝へ進出するも、0.108秒届かず、総合33位で終えた。

女子は2017年のジュニア世界チャンピオン、ベサニー・シュリーバーズ(イギリス)が優勝。日本人では畠山紗英が準決勝進出を果たすも、ヒート1で6位となり敗退。総合11位となった。

UCI BMXスーパークロス ワールドカップ5戦 男子エリート結果

 順位名前
1KIMMANN Niekオランダ
2ANDRE Sylvainフランス
3van GENDT Twanオランダ
33長迫吉拓日本
118松下巽日本
122増田優一日本
125池上泰地日本
128吉井康平日本
159島田遼日本

UCI BMXスーパークロス ワールドカップ5戦 女子エリート結果

 順位名前
1SHRIEVER Bethanyイギリス
2BAAUW Judyオランダ
3SMULDERS Lauraオランダ
11畠山紗英日本
32丹野夏波日本
39永禮美瑠日本
52早川優衣日本

TAGS