121回生の中野慎詞・太田海也が
早期卒業し、2022年よりプロ競輪選手デビュー!
パリオリンピックを目指す新星をご紹介。

PROFILE 選手情報PROFILE 選手情報

中野慎詞 SHINJI NAKANO
中野慎詞SHINJI NAKANO

岩手 22歳(2022年1月時点)
2019全日本トラックでは早稲田大学所属として新田祐大・河端朋之に混じり表彰台へ。その後ナショナルチームに所属、日本競輪選手養成所へ入所。
2021全日本トラックではスプリント予選200mFTTで他のナショナルチームメンバーを抑え9秒799でトップになるなど、養成所での訓練を経てさらにパワーアップ。早期卒業の認定を受け、2022年1月よりプロ競輪選手デビュー。

次回レース予定

2月10日〜2月12日

■ 立川F2

現在6連勝中!

※最終更新:1月17日

太田海也 KAIYA OHTA
太田海也KAIYA OHTA

岡山 22歳(2022年1月時点)
ボート競技で国体準優勝などの成績を持つ。日本競輪選手養成所に入所ののち、自転車競技未経験ながら記録会で優秀な成績を収めゴールデンキャップを獲得、早期卒業に認定された。ナショナルチームにも意欲を見せる。
2021全日本トラックには競技用の自転車に乗るのがほぼ初めての状態で参加し、ケイリン準決勝まで進出。2022年1月よりプロ競輪選手デビューとなる。

次回レース予定

1月20日〜1月22日

■ 小倉F2

 

※最終更新:1月17日

[ 早期卒業制度とは? ]

2019年より日本競輪学校養成所に導入された新制度。本来なら入所の翌年5月にデビューのところを、同期より一足早い1月にデビューできる。
早期卒業の認定を受けるには記録会で優秀な成績を収めるほか、卒業認定考査に合格などの基準をクリアしなければならない。

早期卒業制度とは?