河端朋之4位、予選200mタイムトライアルは脇本雄太と共に9秒台/2017-18トラックワールドカップ4戦・男子スプリント

河端朋之

トラックワールドカップ4戦の男子スプリントで世界王者デニス・ドミトリエフを破り、リトアニアのレンデルが金。河端朋之は惜しくも銅メダルを逃し4位。脇本雄太は強豪バレッテに破れ1/8決勝で敗退。

日本が銀メダル!男子種目で初、日本レコードも更新/2017-18トラックワールドカップ4戦・男子団体追い抜き

男子チームパシュート

またもやトラック中距離チームが歴史に名を残した。チリ・サンティアゴで開催されたトラックワールドカップ4戦で、男子団体追い抜きが予選で日本記録を更新、さらには史上初のメダル獲得となる準優勝を果たした。

【速報】日本記録を大幅更新で銀メダル以上が確定!日本男子団体追い抜き/2017-18トラックワールドカップ4戦

男子団体追い抜き

今村駿介、近谷涼、一丸尚吾、沢田桂太郎の4人が日本記録を約4秒更新し、ワールドカップ予選を2位で通過。この結果、銀メダル以上が確定。現地時間12/11午後に行われる決勝で金メダルをニュージーランドと争う。

沢田桂太郎,一丸尚吾の初ペア、男子マディソン/2017-18トラックワールドカップ

男子マディソン

沢田・一丸ペアでの初陣となったが・・・・・・・結果はDNF(完走せず)となった。レース半ばで-40ポイント(2周回遅れ)となって最後まで完走できずに沢田・一丸ペアの初戦が終了。優勝したのはニュージーランドチーム、2位にイタリア、3位にオーストリアとなった。

ドミトリエフ、パーキンスのロシア優勝。日本は1回戦敗退も手応え/2017-18トラックワールドカップ・男子チームスプリント

チームスプリント予選

ドミトリエフ、パーキンス、ヤクシェフスキのロシアチームは予選でトップタイム(43秒227)を出し、1回戦でドリームシーカーを破り(43秒170)、決勝へ進出すると更にタイムを上げて(42秒955)フランスを下して優勝。