千葉競輪場、2020年に国際規格に準拠した250m屋内木製トラックとして刷新へ

千葉競輪場

廃止から一転、国際企画の自転車トラック競技場へ

千葉市は廃止の方針となっていた市営千葉競輪の事業を、国際規格の250m木製トラックを有する屋内型競技場へ建て替えを行った上で継続すると発表した。2020年度中のオープン、レース開催を目指す。

国際規格に準拠した250m屋内木製トラックへ建て替えることで、世界選手権などの国際大会を開催する事も可能となる。また、多目的競技場とし、自転車競技以外のスポーツ・イベントも開催可能なアリーナとするとしている。

2017年度末に廃止が予定されていた千葉競輪場

1949年にオープンした千葉競輪場は車券売上が長期低落傾向に歯止めがかからない状況続いていた。昭和40年代には100万人を超えた入場者数が、現在は年間10万人を下回り、2018年度からは単年度赤字が継続する見込みとされ、施設老朽化の大規模修繕費を捻出することが困難とされ、2017年度末での事業廃止が予定されていた。しかし、国際規格に準拠した屋内木製の250mバンクへ建て替え案が浮上。国際ルールへ準拠した競輪の開催で収入増を見込む。

JKA(ケイリン・オートレース振興法人)においても、日本国内唯一の国際規格自転車競技場である伊豆ベロドロームにて、2017年3月に250競輪のテストランを実施。今後、観客を入れたテストイベントを実施予定としている。

千葉市:競輪事業の今後のあり方の方針について