【2018モデル速報】スペシャライズドのCRUXとALLEZが新しく生まれ変わって登場

先日、スペシャライズドは2018モデルとしてリニューアルを果たしたCRUXとALLEZを発表しました。

Specialized

引用:Specialized

進化したCRUX

シクロクロスに特化したモデルとしてさらなる進化を遂げたCRUX(クラックス)。現在主流となっているツーリング等にも使用できるようなシクロクロスバイクとは一線を画すモデルです。

スペシャライズドを代表するTarmacに使われている独自技術、「Rider-First Engineered™テクノロジー」を採用。この独自技術により、サイズの違いに関わらず同じライド特性を持つフレームが作れる他、重量も削減することができます。実際、サイズ56cmのフレームはわずか900gで、400g以上も軽量化されています。

シートポストの露出部を伸ばすことで衝撃に対するクッション作用を増加、競技に最適化させたジオメトリーの採用、担ぎやすいようにフロントトライアングルのあき部分を大きくするなど、まさにシクロクロスレースでの勝利を目的として生まれ変わったモデルと言えます。

S-WORKS CRUX 完成車

S-WORKS CRUX 

引用:Specialized

希望小売価格864,000円(税込)
サイズ49、52、54、56
カラーグロスSLブラック/コスモス/ロケットレッド/ホワイトハイドロフォビッククリア
フレームS-Works FACT 11r carbon,
Rider-First Engineered™,
1-3/8″ lower bearing,
12x142mm thru-axle,
flat mount disc, OSBB
フォークS-Works FACT 11r carbon,
12x100mm thru-axle
メインコンポーネントシマノ Dura-Ace

S-WORKS CRUX フレームセット

S-WORKS CRUX フレームセット

引用:Specialized

希望小売価格388,800円(税込)
サイズ46、49、52、54、56、58
カラーグロスSLブラック/コスモス
/ロケットレッド/ホワイトハイドロフォビッククリア
フレームS-Works FACT 11r carbon,
Rider-First Engineered™,
1-3/8″ lower bearing,
12x142mm thru-axle,
flat mount disc, OSBB
フォークS-Works FACT 11r carbon,
12x100mm thru-axle

TAGS