日本が短距離、中長距離合わせ20ものメダルを獲得した『TISSOT UCIネーションズカップ』第2戦・香港が、2021年5月16(日)に幕を下ろした。東京オリンピックに向けての収穫は大きく、これで準備は整った。

レースを経た各選手への評価を中長距離ヘッドコーチのクレイグ・グリフィン氏へ伺った。

全員が良いレースをした

Q:結果を受けての感想は?

満足です。当初はエントリーリストを見て、参加国や参加選手たちが少ないことが気になりましたし、帰国後の隔離もあり、本当に実力の評価へ繋がるレースになるのか?トレーニングとして見たとしても、良い機会になるのか?が心配でした。

しかしレース内容、強度、結果、選手の状態など全てにおいて満足です。大会ではパフォーマンスと身体の状態、この2つを確認出来ました。今回の大会では選手の身体レベルがどの辺りにあるのか確認出来、現状の立ち位置、オリンピックに向けてこれからどうしていけば良いのか確認する良い機会となりました。

「あとは本番へ向けて仕上げるのみ」クレイグ・グリフィン中長距離ヘッドコーチ/ネーションズカップ第2戦・香港

男子マディソン表彰式の写真を撮るグリフィンコーチ

Q:中でもグリフィンコーチを驚かせた選手はいましたか?

全員が良いレースをしました。東京オリンピック組に関して言えば、3人(橋本英也、梶原悠未、中村妃智)とも期待していた通りのフィジカルを見せましたし、3人のレース内容も良かったです。戦術面、技術面でトレーニングしていたことを発揮していましたし、これまでやってきたことが身に付いていましたね。

もちろんオリンピック組だけでなく、チーム全体が良い走りをしたと思います。

一点、男子チームパシュートについては少し思っていたものと異なった結果になってしまいましたが、チームとしてほとんど練習をしてきていなかったので、現状では当然の結果かと思います。2020世界選手権ではタイムを出すことが出来ましたが、今は状況が異なり、それが今回のタイムに出たと思います。ただチームの走りについてはとても前向きに捉えています。特に今回初めて国際大会に出場した兒島直樹は良く走りましたし、大いに貢献したと思います。

関連記事:新体制の男子チームパシュート銅メダル

梶原へ伝えた、レースを支配するという事

1/4 Page