レース

男子ケイリンに参加したのは新田祐大脇本雄太の東京オリンピック代表内定2人を含む計12人。

脇本雄太, TRACK DAY 01 男子ケイリン

脇本雄太

男子ケイリン出場者

新田祐大
脇本雄太
河端朋之
松井宏佑
中野慎詞
小原佑太
山﨑賢人
村田祐樹
新山響平
寺崎浩平
荒川仁
菊池岳仁

勝ち上がりは1回戦→準決勝→決勝の3本の設定。脇本は1回戦、そして準決勝で安定した強さを見せて1着、新田は1回戦こそ2着だったものの、準決勝は1着で決勝へ進出した。

脇本雄太, TRACK DAY 01 男子ケイリン

1回戦:脇本雄太

TRACK DAY 01 男子ケイリン

準決勝:新田祐大

決勝


決勝メンバーは以下の6人。

決勝メンバー

新田祐大
脇本雄太
河端朋之
松井宏佑
中野慎詞
小原佑太

スタートしてからの並びは小原→中野→脇本→新田→河端→松井の順。

選手たちを誘導するのは今回特別に佐々木龍也短距離コーチである。

残り3周のペーサー離脱を前に最後方の松井がまずは位置を上げていき、残り3周を切って2番手へ。残り2周を切って3番手の中野と4番手の脇本が位置を上げていくが、先頭の小原と中野が並走し、中野の後ろにいた脇本は前に出ることが出来ずに残り1周へと入る。

内に小原、外に中野、その後ろに脇本となったいたが、中野が先頭に出ると、大外からスピードを上げて新田が一気に2番手へ。

残り半周では中野→新田→河端→小原→脇本→松井の順となる。最後の半周で新田が中野をかわして先着、内側で粘った中野を更に河端が抜いて2着に河端、3着に中野。脇本は最後まで前に出ることが出来ずに6着となった。

男子ケイリン最終結果

1位:新田祐大
2位:河端朋之
3位:中野慎詞
4位:松井宏佑
5位:小原佑太
6位:脇本雄太

新田祐大コメント

2/3 Page