競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

「日本をスプリント大国に」深谷知広が全日本制覇/2020全日本自転車競技選手権大会トラック

2020/11/07

世界トップのスプリント強者達

2/6 Page

予選:揺るがぬトップ4

予選は200mの助走をつけたタイムトライアル。上位8位までが2回戦へのシード権を得る。

予選での日本記録更新はならなかったものの、深谷が実力を発揮しトップ通過。そして2回戦へとシード権を得る8位まではナショナルチーム勢の名で埋まった。

予選の上位結果は以下の通り

男子スプリント, 2020全日本トラック

1位)深谷知広 9秒672


男子スプリント, 2020全日本トラック

2位)河端朋之9秒756


男子スプリント, 2020全日本トラック

3位)脇本雄太9秒778


男子スプリント, 2020全日本トラック

4位)新田祐大9秒880


男子スプリント, 2020全日本トラック

5位)中野慎詞9秒937


男子スプリント, 2020全日本トラック

6位)小原佑太9秒962


男子スプリント, 2020全日本トラック

7位)山崎賢人10秒001


男子スプリント, 2020全日本トラック

8位)寺崎浩平10秒047

予選後 スプリント対戦

予選のあとは1対1の戦い。

1周335mのトラックを2周して先着を競う。今大会の勝ち上がりは1回戦→2回戦→準々決勝→準決勝→決勝/3位決定戦の順。1回戦、2回戦までは1本勝負。準々決勝からは2本先取で次へ勝ち抜けとなる。勝つのに必要なのはスピードだけでなく相手との駆け引き、ダッシュするタイミング、そして自分を信じる強靭な精神力など、スプリンターとしての総合的な能力が求められる。

ジャイアントキリング

2/6 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。