自分の調子の良さを確認 新城幸也/サントス・ツアー・ダウンアンダー2018

新城幸也選手が参戦。真夏の南半球、オーストラリア・アデレードで開催されたサントス・ツアーダウンアンダー第2ステージの現地レポート。

トップから2分46秒遅れの83位でレースを終えた新城は

「今日は65kmくらいからナバが集団を牽引し始めて、周回に入ってからは自分とボアロも牽引に加わった。ステージ優勝というよりは、レースをキツくしたかったのだが、思うように進めることができなかった。結果、集団を引いただけになってしまった。」

「自分の調子の良さを確認できたのは良かった。明日は猛暑の予報が出ているので距離が短縮された。個人的には暑さは問題じゃないので、距離が長い方がサバイバルになって嬉しいのだけど(笑)引き続き頑張ります!」

と語った。

新城幸也 ツアー・ダウンアンダー

チーム監督の指示通りに​仕事をこなす新城 photo Cor Vos / Miwa IIJIMA

チームはゴルカ・イザギレ(スペイン)が7位、ドメニコ・ポッツォヴィーボ(イタリア)が8位と2選手をトップ10でフィニッシュさせることに成功している。

新城が先頭を牽引しながら走る姿はこちら

大会オフィシャルサイト:www.tourdownunder.com.au 

『Team ユキヤ通信 2018 No.3』17,01,2018 at Adelaide Australia

Text:飯島美和

TAGS

Related Articles