最後に待ち構えていた最難関ステージ/TEAM ユキヤ通信 2019 №45ーVuelta ciclista a España Stage 20ー

新城幸也

メイン集団の中で山岳をこなす新城選手

現地時間2019年9月14日に行われた『第74回ブエルタ・ア・エスパーニャ』第20ステージの結果とバーレーン・メリダ新城幸也選手のコメントが届いた。

第20ステージは最後の山岳ステージ。3級から1級までのカテゴリーの山岳が6回という超難関の山岳コースで行われた。時折雨が降りつけ気温も下がり、選手たちにとっては最後に最も過酷なレースとなった。そんな中、新城選手はメイン集団に食らいつき、52位でフィニッシュした。

久しぶりの良い感触

以下、新城選手のコメント

「ブエルタは最後にも強烈なステージを用意していた。190kmで6つもの山岳カテゴリーの登りがあり、しかも下りが少なく登りがメイン。

もちろんステージ優勝がチームの目標なので、チームの為に全力を尽くした。幸いにも脚の調子は良く、半分になったメイングループに留まる事が出来た。140km地点手前のアスタナのペースアップでメイン集団からは遅れてしまったが、同じく遅れたクイックステップの選手と共に良いペースでゴールを目指した。

新城幸也

フィニッシュで笑顔をみせた新城選手

ステージはヘイマンが4位、ディランが7位とステージ優勝は出来なかったが良い結果だった。自分自身も久しぶりに良い感触で1日を過ごせた。

怪我ばかりだったので、ここまでコンディションを上げられたのが久しぶりだった。明日はマドリードを楽しみたいと思う。」

翌日にはマドリードで最終ステージが行われ、新城選手は3度目のブエルタ完走を目指す。

TEAM ユキヤ通信 2019 №45』
14 September 2019 at Spain
ーVuelta ciclista a España Stage 20 » Arenas de San Pedro › Plataforma de Gredos (190.4k)ー

TAGS