別府史之がロードで銀メダル獲得/アジア自転車競技選手権大会2018

別府選手銀メダル

2月8日(木)~2月12日(月)にミャンマー・ネピドーで開催されたアジア自転車競技選手権大会2018、男子エリートロード(176km)で別府史之選手が2着でゴール、銀メダルを獲得した。同じく日本代表の新城幸也選手も5位でゴールをしている。

別府選手 アジアロード選手権

引用:JCF

アタックと吸収が繰り返される中、別府・新城両選手はしっかりと展開についていき、先頭でのメイン集団を形成。

最終局面の第1集団は別府選手(日本)のほか、カザフスタン、台湾、イラン、UAE、モンゴル、香港。その中から別府選手がアタックを仕掛け、4名が抜け出る。最後はUAEのMIRZA AL-HAMMADI Yousif Mohamed Ahmed選手が1着、わずかの差で別府選手が2着でゴールをした。

レース結果

順位選手名チームタイム
1MIRZA AL-HAMMADI Yousif Mohamed AhmedUAE3:50:32
2別府 史之JPCA・トレック・セガフレード3:50:32
3SOHRABI Mehdiイラン3:50:32
5新城 幸也JPCA・BAHRAIN MERIDA3:51:10
16畑中 勇介東京・チーム右京3:54:53
26小野寺 玲栃木・宇都宮ブリッツェン3:56:13

JCF公式ウェブサイト:http://jcf.or.jp/

TAGS