競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

フランスのジュリアン・アラフィリップが劇的な走りで逃げ切り優勝 女子はオランダが圧巻のワンツー/UCI世界選手権ロード2020 結果まとめ

2020/09/29

ロードレース世界選手権2020男子エリート

新型コロナウイルスの影響によりスイス・エイグル/マルティニから急遽イタリア・イモラへの開催変更となった「世界選手権ロード2020」。男女エリートカテゴリーだけの開催になったものの、レースは例年通り年に1度の世界王者を決める戦いとして手に汗握る”熱い”戦いとなった。

以下、ロードレースの結果をお届けする。

男子エリートは獲得5000m超えの超難関 絶対王者不在の女子エリートは混戦か/ロードレース世界選手権2020 プレビュー

ロードレース 結果

フランスが23年ぶりの栄冠 アラフィリップのアタック【男子ロードレース】

大会最終日に開催された男子エリートロードレースは獲得標高5000mを超える過酷なコース。レース序盤には日本の新城幸也が7人の逃げ集団に入り、日本のファンを沸かせる展開となった。

しかし新城はスタートから150kmほど過ぎたところで先頭集団から遅れ始め、180kmほどでメイン集団に追いつかれてしまう。その後は最終周回まで走るものの、途中棄権となった。

優勝争いは残り42kmから先日のツール・ド・フランス2020を制したタデイ・ポガチャル(スロベニア)が単独で抜け出し、強豪国ベルギーが追走を始めたところから動き始める。

そのあと20kmほどポガチャルが逃げ続けるが、後続のメイン集団がポガチャルを捕まえる。すると今度は各国のエースたちが次々と姿を現し始めてレースは最終局面へと向かっていく。

ワウト・ファンアールト(ベルギー)やミハウ・クフィアトコフスキー(ポーランド)など各国のエースたちが先頭に集う中、ゴールまで残り17km地点の登りで優勝候補の一角ジュリアン・アラフィリップ(フランス)が単独アタックし抜け出すことに成功。

後続を10秒~20秒ほど離し、単独で逃げるアラフィリップ、それを追う各国のエースたち。

後続はアラフィリップを目視できる距離で追うが、最後まで逃げるアラフィリップを捕らえることは出来ず。

見事な逃げ切りに成功したアラフィリップは単独でフィニッシュラインへと到達し、フランスにとって23年ぶりとなる念願のアルカンシェル(世界チャンピオンのみが着用できる虹色のジャージの呼称)を獲得した。

2位には2日前の個人タイムトライアルで2位となったワウト・ファンアールト(ベルギー)、3位には2018年のU-23ロード世界王者、22歳のマルク・ヒルシ(スイス)。いずれも直近のツールで活躍した選手達が上位を占める結果となった。

順位 名前 チーム タイム
1位 ジュリアン・アラフィリップ フランス 6時間38分34秒
2位 ワウト・バンアールト ベルギー +24秒
3位 マルク・ヒルシ スイス +24秒

昨年に続くオランダのワンツー 【女子ロードレース】

1/2 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。