UCIが新ロードレースカレンダーを発表、ツール〜世界選手権〜ジロ〜ブエルタで8月下旬から開催

ロードレース世界選手権2019

4月15日にUCI(国際自転車競技連盟)はプレスリリースにて2020年のロードレースカレンダーを発表。8月29日〜9月20日『ツール・ド・フランス2020』、9月20日〜27日『ロードレース世界選手権2020』、時期未定『ジロ・デ・イタリア2020』、時期未定『ブエルタ・ア・エスパーニャ2020』の順で開催するとした。

関連記事:延期決定『ツール・ド・フランス2020』8月末スタート、エタップは延期時期未定

リリースで発表された内容要約は以下の通り。

・UCIロードレースカレンダーのレース中止期間は8月1日まで、1か月間延長

・『ツール・ド・フランス2020』は8月29日〜9月20日へ延期

・『ロードレース世界選手権2020』は当初予定の9月20〜27日開催で変更無し。

・『ジロ・デ・イタリア2020』は世界選手権後の日程で開催、『ブエルタ・ア・エスパーニャ2020』は更にその後の日程となる

・各国国内選手権は8月22〜23日に開催

・UECヨーロッパ選手権は開催維持

・有名なワンデーレースであるモニュメント、すなわちミラノ-サンレモ(イタリア)、ツール・ド・フランドル(ベルギー)、パリ〜ルーベ(フランス)、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ(ベルギー)、イル・ロンバルディア(イタリア)は開催日未定ではあるが、今シーズン中に開催をする

・UCIカレンダーのうち、特にワールドツアーに関してはシーズン後半へ再日程する

TAGS