強豪オランダがワン・ツー優勝で世界選2連覇 アンナミク・ファンブルテンが女子ロード世界王者に/ロード世界選手権2019

追走叶わず

ロードレース世界選手権2019

9月24日に開催された女子エリート個人タイムトライアルにて、圧倒的な走りで優勝したダイガード。フィニッシュまで残り32km地点から単独でファンブルテンの追走を試みるも、残り12km地点で後続のファンデルブレッヘンとアマンダ・スプラット(オーストラリア)に追いつかれ、追走グループからも脱落。

ロードレース世界選手権2019

クロエ・ダイガード(アメリカ)

ロードレース世界選手権2019

ファンブルテンを追うアンナ・ファンデルブレッヘン(オランダ)とアマンダ・スプラット(オーストラリア)

周回コースへと入った後も、2017・18年個人タイムトライアル世界王者のファンブルテンの勢いは止まらない。

ロードレース世界選手権2019

ロードレース世界選手権2019

最後までペダルを踏み続けるファンブルテン

歓喜の涙と共に、後続に2分15秒差をつけてのフィニッシュ。キャリア初のロード世界王者へと輝いた。また、昨年大会の覇者であるファンデルブレッヘンが残り5km地点でアタック。3位のスプラットに13秒差でフィニッシュし、優勝候補であったオランダがワン・ツー優勝を飾った。

ファンブルテン コメント

「クレイジーだった。あの上り(ロフトハウス)はフィニッシュ地点から遠い事も知っていたけど、アタックをしてからもコーチは走り続けろと言っていたし、私の脚の調子もよかった。考えていた作戦とは全く違ったけど、この為に何時間も自転車の上で過ごしてきた。「もし誰かがこれで勝つのならそれは私だ」と言い聞かせ「私なら歴史を作れる」と考え続けていた。もし私が勝てなくても、後ろにアンナ(ファンデルブレッヘン)がいたからプレッシャーも無かった」

ロードレース世界選手権2019

ロードレース世界選手権2019

ロードレース世界選手権2019

 

ロードレース世界選手権2019

日本から出場した與那嶺恵理と金子広美は、DNFでレースを終えている。

リザルト

ロードレース世界選手権2019

順位 名前 チーム
1位 アンナミク・ファンブルテン オランダ
2位 アンナ・ファンデルブレッヘン オランダ
3位 アマンダ・スプラット オーストラリア
DNF 金子広美 日本
DNF 與那嶺恵理 日本

ロードレース世界選手権2019

TAGS

Related Articles