今大会最有力候補マチュー・ファンデルプール インタビュー「プレッシャーは感じない」/ロード世界選手権2019

若くしてスター、マチュー・ファンデルプールとは

WAREGEM, BELGIUM - APRIL 03: Arrival / Mathieu van der Poel of The Netherlands and Team Corendon-Circus / Celebration / during the 74th Dwars door Vlaanderen 2019 a 182,8km race from Roeselare to Waregem / @DwarsdrVlaander / @FlandersClassic / on April 03, 2019 in Waregem, Belgium. (Photo by Tim de Waele/Getty Images)

マチュー・ファンデルプール Photo by Tim de Waele/Getty Images

近年、エガン・ベルナルやレムコ・イヴェネプールなど、ワールドツアーレースでの若手選手の活躍が著しく、24歳のファンデルプールもその内の1人と言える。

ファンデルプールは2013年、ロードレース世界選手権ジュニア部門にて優勝。その後はシクロクロスをメインに活動し、2015年と2019年には見事に世界チャンピオンのタイトルを得ている。ロードレースでは現在の所属チームであるコレンドンサーカスが2019年からUCIプロコンチネンタルチームへと昇格している。そのため世界最高峰のクラシックレースを中心に、今年からロードレースにも本格的に参戦した。

4月に行われたアムステルゴールドレースでは見事な逆転劇を演じて優勝し、積極的にレースを動かす走りや悪い状況の中での強さも見せている。

また、この世界選手権から3週間前に出場した「ツアー・オブ・ブリテン」ではステージ3勝を含む個人総合優勝を果たし、好調ぶりも見せている。

今年大注目を受けているファンデルプール、どのような走りを見せるのだろうか。

TAGS

Related Articles