【個人タイムトライアル】ローハン・デニス1分以上差をつけて連覇 19歳イヴェネプールが2位/ロード世界選手権2019

ロードレース世界選手権2019

©️SWPix.com

9月25日に行われたUCI個人タイムトライアル世界選手権2019 男子エリート。

連日の悪天候の中で行われ、ディフェンディングチャンピオンであるオーストラリアのローハン・デニスが、2位以下に1分以上のタイム差をつけて2年連続個人タイムトライアル世界チャンピオンへと輝いた。

ロードレース世界選手権2019

©️SWPix.com

ローハン・デニス コメント

ロードレース世界選手権2019

©️SWPix.com

「今日の為に精神的な準備を沢山してきた。体のコンディションも良く、自信を持って走れた。第1計測地点では周りよりも20秒速かったけど、後半の登りでも力を使い果たさないよう、上手くペース配分を意識できたかな。あと、コースがとにかく最高だったよ。先週の土曜日に試走して凄く気に入っていたし、コースを考えたスタッフに感謝だね!」

また、2位にはタイムトライアル世界選手権でトップ3最年少となる19歳のレムコ・イヴェネプール(ベルギー)、3位にはトラック競技パシュート種目などでも活躍するフィリポ・ガンナ(イタリア)が表彰台へと登った。

ロードレース世界選手権2019

©️SWPix.com

ロードレース世界選手権2019

©️SWPix.com

トップ10リザルト

順位名前チームタイム
1ローハン・デニスオーストラリア1時間5分5秒35
2レムコ・イヴェネプールベルギー+1分8秒93
3フィリポ・ガンナイタリア+1分55秒00
4パトリック・ベヴィンオーストラリア+1分57秒16
5アレックス・ダウセットイギリス+2分1秒77
6ローソン・クラドックアメリカ+2分7秒27
7タネル・カンゲルトエストニア+2分7秒60
8ネルソン・オリベイラポルトガル+2分9秒80
9トニー・マルティンドイツ+2分27秒14
10シュテファン・キュングスイス+2分46秒66

UCIロードレース選手権2019 公式サイト

TAGS

Related Articles